美容師に嫌われる一言

美容師に嫌われる一言

自分でこんな風になりたいというイメージがあるわけではないけど、もうこの髪型に飽きちゃったから、違う髪型にしてみたいなーと思うことあります。

 

 

 

また、美容師さんのような専門家が、この人にはこのくらいの長さ、こういうイメージが合うのになーと思っている髪型にしてほしいなって思うこともありますよね。

 

 

 

そんな時、美容室でいってしまいがちなのが、お任せしますという言葉。これ、美容師さんにとって、すごく嫌な言葉なんですよ。そのお客さんが常連さんで、どんな職場にいるのかとか、ある程度の趣味をわかっているという状態であればいいのですが、まったく知らない場合、美容師さんもイメージをつかむのが難しいのです。

 

 

 

朝、結構忙しく、時間がないという方には、セットも楽でさっとヘアアレンジができる髪型のほうがいいでしょうし、結構堅めの職場にいるという方には、カラーも派手にできないだろうし。

 

 

 

ですから、カラーは大丈夫なのか、また、長さ的にどのくらいあればいいのか、逆に、職場ではこういう髪型がタブーです、くらいのことは伝えておかないと難しいと思います。