美容師さんとの感性の違い

美容師さんとの感性の違い

お友達の美容師さんや街を歩く美容専門学校の学生さんなどを見ると、奇抜な髪型をした人だったりしませんか?様々な新しい技術やスタイルを提案する側である美容師さんやその卵の人たちは日々、感性を磨く努力をしています。

 

 

 

ですが、この感性が一般の人と違う場合には、お客様との間に溝が生まれてしまうのではないでしょうか。美容室に通う多くの人が、美容師さんや美容専門学校の学生さん達のような感性を求めているわけではありません。普段の生活の中で綺麗でいたいという気持ちは変わらないのですが、あまりに奇抜過ぎるとやはり生活も困難になってしまいますね。

 

 

 

中には自分の感性を前面に押し出してくる美容師さんもいらっしゃったりして、おまかせでなんて言った日には大変なことになりかねませんね。美容室もサービス業なので、お客様の望むような形に会いあげるのが当たり前なのですが、中にはそんな美容師さんもいたりします。

 

 

 

ですから、自分のイメージをより明確に美容師さんに伝えることが重要なんですね。しっかりと伝えたつもりでも感性の違いによって違う捉え方をされてたりなんてことも有るので施術中に少しでも違和感を感じたら、必ず相談しましょう。

 

 

 

タレントさんやモデルさんのイメージを伝えるのも方法の一つですが、出来ればイメージしやすく、双方のイメージが一致するように写真などを持っていくとよいでしょう。髪質などによっては出来ない場合もあり、たまに傷つくこともありますが、アドバイスとして聞き入れることで、自分の髪に合ったスタイルを提案してくれるので、まずはなんでも相談することをお薦めします。