美容室の雰囲気が苦手

美容室の雰囲気が苦手

美容室に行くのが憂鬱だと言う人がいます。こういった人の場合、美容室の雰囲気やスタイリストさんやアシスタントさんとの世間話が苦手という人が多いように感じます。まずは雰囲気ですが、綺麗を追求する場所となるので、気遅れしてしまうという人も多いでしょう。

 

 

 

癒しを提案している美容室なのに、緊張でかえって疲れてしまうなんてこともあります。スタイリストさんやアシスタントさんとの世間話が苦手という人の場合には、スタイリストさんやアシスタントさんもお客様をリラックスさせようと様々な話題を振っているので、お話がしたくなければ雑誌などを読んでいれば、察してくれて話しかけなくなります。感じが悪いのかもしれないと思いますが、そんなことはありません。

 

 

 

また質問内容なども髪に関することが全般的ですが、中にはプライベートなことまで突っ込んでくるスタいいリストさんやアシスタントさんがいて困ったという話を聞くことがあります。お客様を退屈させないようにと頑張っているのですが、中には答えたくない質問やなんでそんなことを聞かれるの?と驚くような質問もあります。

 

 

 

嘘をつく必要はありませんが、施術に関係がないと判断した場合には、無難に答えてもよいでしょう。あまりに不快な思いをしたら、そのお店とは合わないと判断して別の美容室に変えるのも一つの方法です。美容室が苦手だという人の中にはお店がお客様を選んでいるような気持ちになるという人がいますが、そんなことはないんです。お客様が好きな美容室を選んでいいんですよ。