イメージのヘアスタイルを上手く伝えられない

イメージのヘアスタイルを上手く伝えられない

自分のイメージしているヘアスタイルというのは説明するには少し厄介なものかもしれません。ここをこうしてああして…なんて説明をされても大まかであり、理想のヘアスタイルには遠のいてしまうかもしれません。

 

 

 

自分の思い描いているヘアスタイルがあるのであればきちんと美容師に説明しなければ成り立ちません。まずはそこが鍵となるでしょう。どうせだったら言葉で伝えるよりも写真などがあれば1番伝わりやすいですよね。

 

 

 

フリーパーパーやヘアスタイル専門の雑誌などにはショートからロング、それにストレート、パーマといった種類豊富なヘアスタイルを紹介しています。また、ただ単に紹介しているのではなく写真付きで掲載している事がほとんどのなので何かと参考になります。ヘアスタイルだけでなく色もそうです。

 

 

 

こんな色にしたいんだけれど…と美容師に伝えればどのカラーリング剤を使用すれば寄り近い色になるのかが分かります。それにヘアスタイルに関しても美容師からしてみれば写真を見せてもらった方がイメージが付きやすいですし、それがお客さんに似合う髪形なのかもアドバイスすることが出来ます。

 

 

 

お客さんとしても「はいはい」と聞いてくれる美容師よりもいろいろとアドバイスをしてくれた方が助かりますよね。後でイメージ通りのヘアスタイルだけれど自分には合っていないかも…なんてことのないようにしたければ美容師の意見も取り入れるべきです。

 

 

 

口下手な人も説明が上手な人でも写真などを持って美容室に行ってください。