カットのトラブルの対処

カットのトラブルの対処

女性にとって美容室は、自分の美しさを保つために定期的に足を運ばなければならない場所であり、言いかえればそれは「女性にとって無くてはならない場所」ということになります。
しかし、女性にとってはそんな重要な場所である美容室であっても、終わったあとになって「もっとこうしてほしかった・・・」というような、とてもガッカリしなければならないようなことも稀におこります。

 

 

 

 もしそれがパーマである場合には、タイミングさえ早ければ、すぐに一度書けたパーマを落としてもう一度自分のリクエストに応えてパーマをかけ直してくれることもありますが、しかし問題は「カット」の場合です。
 もちろんもっと短くしてほしいということであれば、当然修正は可能になりますが、しかし、自分がイメージしていたものよりも短くなってしまった場合には、少なくとも長さに関しては元通りに修正することは不可能です。

 

 

 

 ただ、もし自分が厳密に長さなどを伝えていたにもかかわらず、それを誤認して短くカットされてしまった場合には、ひとことその旨を伝えることで、カットしてしまったなりにベストと思われるヘアスタイルにセットし直してもらうこともできるはずです。

 

 

 

 ただし、自分が不満に思う部分だけを美容師さんにぶつけるのではなく、まずは「ありがとうございました」とか「ああ、さっぱりしました」と言ったような感謝の気持ちをはじめに述べておくと、そのあとに「でも、ちょっと・・・」と言った具合に修正の可能性について言及しやすくなります。